MAMeC(マメック)は
ペットの最善の治療を提供することを目的とし、
飼い主様とペット、地域の動物病院様をサポートし、
地域として安心して暮らせる環境を作ります。
完全予約制
ご予約は下記電話番号よりお電話ください。
※ 夜間・救急の場合はその限りではありません。
飼い主様
開業医様

人工心肺を用いた心臓外科手術がスタートしました

目黒アニマルメディカルセンターでは、小型犬で好発する僧帽弁閉鎖不全症に対する外科手術を開始いたしました。

当センターでは1月から心臓外科手術を開始しました。現在2頭の患者さんに手術を行わせて頂きました

僧帽弁閉鎖不全症は約6歳以降の小型犬に多い病気です。犬種はチワワ、キャバリア、マルチーズ、シーズー、ポメラニアン、トイ・プードルでは特に多いとされています。これまでは 内科治療を行うことが一般的でした。そのため治療はまずは飲み薬から始めていきます。飲み薬の種類は①血管を広げるお薬(血管拡張薬)、②おしっこをたくさん出すお薬(利尿薬)、③心臓の動きを強くするお薬(強心薬)を使っていきます。内科治療を行っていても心臓病は徐々に進行していき、高い割合でうっ血などの症状として肺に水が貯まる肺水腫になります。1度肺水腫になったワンちゃんの残された時間(中央生存期間)は飲み薬を飲んでも約9か月という報告もあります。そのため当施設では人と同様に積極的に外科手術を行っております。

現在僧帽弁閉鎖不全症、その他心臓病に悩んでおられる患者さんは、是非ともご相談だけでも結構ですので当センターまでご連絡ください。

当センターでは日本獣医循環器学会認定医が4名在籍しております。心臓外科、心臓内科、猫の心臓病科の3科に分かれて専門的に診療を行っております。お気軽にご相談ください。

診療の流れ
1. 受付にお越しください
2. お名前が呼ばれるまで待合室でお待ちください。
3. 検査・診察
4. お会計まで待合室でお待ちください。
5. お会計
【対応カード】
Copyrights 2019 Meguro Animal Medical Center All Right Reserved.